スポンサードリンク

兄弟/姉妹/いとこのスピーチの基本とポイント

Written by
マーシー@管理人
カテゴリ
結婚式スピーチ解説

兄弟や姉妹、いとこであれば、幼少時代から青春時代までを通して、知っているエピソードを盛り込む事によって、とても温かいスピーチに仕上がります。

新郎新婦との小さな頃の思い出のエピソードや、そこから浮かび上がってくる2人の人柄などを、スピーチとして、自分の言葉でしっかりと伝えましょう。

とはいえ、親しき仲にも礼儀ありの言葉があるとおり、新郎新婦が恥ずかしい思いや不快な思いしたりする内容はタブーです。しっかりとスピーチの内容は配慮をして、喜びの気持ちを素直に伝えれば、心の温まるスピーチになります。

スポンサードリンク

兄弟スピーチや姉妹・いとこのスピーチ例文

お姉ちゃん、結婚おめでとう。
○○さん、おめでとうございます。お姉ちゃんをよろしくお願いしますね。
私は、新婦の妹で▲▲と申します。

私は、生まれた時から今までずっと姉と一緒に過ごしてきましたが、今日という幸せな日を迎える事ができたことを、大変喜ばしく思います。

姉と私は2歳違いの姉妹で、小さな頃からよく比べられていました。
私は勉強嫌いな子供でしたので、親にもよくお姉ちゃんを見習いなさい!と言われていたのを覚えています。

出来が良い姉を持った妹の常として、時として、姉をちょっとだけ煙たく思っていた事もありましたが、姉はそんな私の面倒を非常によく見てくれたものでした。

共働きで働いている両親の代わりに、私を幼稚園まで迎えに来てくれたのは姉でした。
迎えにきてくれていたある日の幼稚園の帰り、に野良犬に吠えられた事がありました。

当時小さかった私は、大声で泣き出してしまいましたが、姉は私が泣き止むまでずっと頭を撫でてくれて、その帰り道ではおんぶをして家まで運んでくれたのでした。

5歳の子供でしたが、2つしか変わらない私は、姉にとってもずいぶん重かったのではないかと思います。
それでも姉は文句ひとつ言わずに運んでくれました。

それでも時には喧嘩もたり、時には夜遅くまで恋愛話をしたり、自分の進路の相談にも乗ってくれたり、仕事での悩みについても一緒になって朝まで悩んでくれたりしました。

私がどうしようもなく、辛くて悲しい事があって落ち込んで泣いていた時には、まるで自分の事のように悲しんでくれて、一緒に泣いてもくれたのを覚えています。

姉は、私の姉であるだけでなく、時としては私の親にもなり、そして親友でもあり、そして一番の理解者でもありました。

今改めて思うと、私は小さな頃からずっと姉という大きな愛で守られてきたのだなと思います。

大好きなお姉ちゃんを○○さんにとられてしまうのは少し寂しい気持ちもありますが、姉が幸せになってくれるので、やはり嬉しさもその倍あります。
○○さん、妹として私から1つだけお願いがあります。
どうか姉を、世界中の誰よりも幸せにしてあげてくださいね。

そしてお姉ちゃん。
○○さんと一緒に、絶対に幸せになってね。
何があっても、私はお姉ちゃんの味方だよ。
大好きな、大好きなお姉ちゃんへ。
■■より。
本当におめでとう!!


何を話せばいいんだ…そんなスピーチの悩みが一挙解決

祝いたいけどスピーチしたくない…そんな人が今、急増中だそうです。
でも、安心してください。スピーチが苦手、人前で話すのが苦手、そういう人はポイントをおさえてしっかり話せば、しっかり伝わるスピーチに仕上がります。
そのための、しっかり専門マニュアルがありますので、迷うくらいなら、手に取って参考にしあげるのが吉です!
新郎新婦もゲストも感動するスピーチの極意を伝授

スポンサードリンク


Page Top