スポンサードリンク

主賓の挨拶と主賓スピーチのポイント

Written by
マーシー@管理人
カテゴリ
結婚式スピーチ解説

主賓のスピーチは、媒酌人の挨拶に続いて、来賓のトップバッターとして祝辞を述べる事になります。
そのため、披露宴の冒頭を飾る事になり、新郎新婦やご両親、そしてゲストも どういうスピーチを話すのだろうかと期待に胸を膨らませて聞いています。

主賓らしく上品で格調のある挨拶・スピーチを心がけるようにしましょう。

スポンサードリンク

主賓挨拶/主賓スピーチの基本の流れ

祝福の言葉を述べる
まず最初は新郎新婦やご両家に対してのお祝いの言葉を述べるようにしましょう。
自己紹介をする
自分の名前、新郎新婦との関係などを簡単に述べましょう。
着席を促します
一般的に主賓のスピーチというのは、新郎新婦や両親、媒酌人夫妻が起立しています。
着席を促す言葉をかけるようにしましょう。
僭越の陳謝を述べます
主賓というのは、来賓の中でも特に特別扱いを受けています。
自分よりも相応しい人がいるかもしれないという事もありますので、 主賓という高い席へ招かれている事への僭越の意を添えて、他の列席者への配慮を忘れないようにしてください。
具体的エピソード
新郎新婦の職場などでの人柄や仕事ぶりなど、お2人にまつわるエピソードを紹介するようにしましょう。今後の結婚生活へ向けた先輩としてのアドバイスなども併せて述べると尚良しとされています。
はなむけの言葉を述べます
二人を励まして、勇気づけるような言葉を贈りましょう。
結びの言葉
最後に、再びお祝いの言葉を述べて主賓の挨拶の締めくくりをします。

何を話せばいいんだ…そんなスピーチの悩みが一挙解決

祝いたいけどスピーチしたくない…そんな人が今、急増中だそうです。
でも、安心してください。スピーチが苦手、人前で話すのが苦手、そういう人はポイントをおさえてしっかり話せば、しっかり伝わるスピーチに仕上がります。
そのための、しっかり専門マニュアルがありますので、迷うくらいなら、手に取って参考にしあげるのが吉です!
新郎新婦もゲストも感動するスピーチの極意を伝授

スポンサードリンク


Page Top