灯籠好きの灯籠好きによる灯籠好きのための灯籠の種類や販売情報特集

Written by
パック@管理人
カテゴリ
ライフ

意外とニッチかもしれませんが、一定数いるといわれている灯籠好きな人々。
そんな方向けの灯籠についてまとめています。

灯籠日本独自の美でもあり文化でもあります。
そんな日本を表すと言っても過言ではない灯籠の基礎知識からうんちく関連まで灯籠についての情報を細かく解説しています。

スポンサードリンク

灯籠について

そもそも、灯篭とは今と違ってまだ電灯がなかった時代に街灯や道標の役割をしていたものの事を言います。

形としては、大きく分けて2種類あって、上から下げて吊る「つり灯籠」という種類と、台に建てる「台灯籠」があります。
現在では、主に寺社で神仏に献灯するためであったり、庭園の観賞用として、よく見られます。

灯篭は日本の伝統的な照明器具の1つと言うことができます。
元を正せば、文字通りに灯(あかり)籠(かご)です。あかりの火が風が吹いたりして消えてしまわないようにと、木枠と紙などで囲ったもので僧侶が用いたとされています。

その後、室内で用いるものは行灯(あんどん)と呼ばれるようになり、折りたたみ式なども作られるようになり、携帯は可能なものは提灯となって分かれていきました。

主に灯籠と言った場合は、神社仏閣や旧街道などに多く存在している、屋外の固定式を指すことが多いです。
また、仏具としての室内用の灯籠(置灯籠・釣灯籠)であったり、祭礼用などのための灯籠などで移動可能なものもあり、青森のねぷた祭り、熊本の山鹿灯籠などがこれに当たります。以前には、港に設置して灯台としても使用されていました。

光源としては、油やろうそくが用いられていました。現代では電気やプロパンガスなどによって、光が点けられています。

日本庭園における石灯籠などのように、実用目的としてではなくて、装飾目的としての灯籠もあります。
この石灯篭の日本への伝来については、昔にさかのぼって、飛鳥時代に仏教が伝来したと同時に伝わったと言われています。

初期の頃は、その多くが献灯と呼ばれており、仏閣(社寺)に設置されていました。
しかしながら、庭園文化の発達とともに、園内に鑑賞目的で設置されるようになりました。

石質は、花崗岩が主流となっていてその中でも御影石は石灯籠の中で最も多くなります。

灯籠の各名称について

石灯籠の構成

石灯籠は、基本的には「基礎」「竿」「中台」「火袋」「笠」「宝珠」によって構成されています。
普通に建てる場合は基壇上に建てるのですが、場合によっては地面に直接建てることもあります。

基壇

基礎の下に敷かれる板状の石を指します。主に一石だけのものと二石以上を合わせているものの2種類あります。

また、この基壇については状況などによって省略されることもあります。

基礎

灯篭の構成部分の最も下にあり、上端に上に載る竿の受座を作り出して、周囲には蓮弁返花を刻成し、側面には格狭間を入れるのが一般的です。

竿

基礎の上に立つ柱状の部分になり、一般的には円形もしくは四角形となります。
円形のものには、上部・中央・下部に帯状の節を作り出しますが、四角形の竿には通常、節はありません。

中台

竿の上に載り、火袋を受ける台座をなす部分になります。
平面の形は一般的には基礎と相対的な形に作られます。

下端に竿の受座、周囲に蓮弁請花を刻成して、側面には格狭間などが入れられます。
上端には多く、火袋を受ける1~3段のつくり出しが設けられています。

火袋

中台の上に載る、石灯籠の最も中心的な部分になります。
そしてここが、灯明を点灯する箇所に当たります。

そのため、この部分は、いろいろな装飾が施されていて、必ず点灯のための火口、そして空気の流通のための火窓が作られます。
平面の形は、基礎に準じるのが一般的です。

火袋の上に載る、いわば建物の屋根的な部分に相当します。
一般的には各隅に向かって棟が作り出されて、軒先のところで巻き上がった形(これを蕨手という)に作られています。なお、四角形のものでは、蕨手はありません。

宝珠

笠の頂きに載る、蓮の花の蕾の形を意匠化したとされる飾りの事を指します。
これには宝珠だけのものと、請花のついたものと2種類があり、後者の方がより装飾的で、丁寧なものにあたります。

灯籠流しについて

灯篭流しにおいて、長崎県の精霊流し(しょうろうながし)は、他の地域と異なった派手な行事でもあり、さだまさし氏による音楽・小説・映画・TVドラマなどでも有名です。

精霊流し(しょうりょうながし)は、死者の魂を弔って、灯篭やお盆のお供え物を海や川に流す日本の行事ですが、灯籠流しとも表記され意味は同じです。
一般的には、お盆の行事送り火の一種に当たります。

しかしながら、「お盆」時期についての解釈が地方によって異なったり、特別の追悼行事として行う場合などもあるため、日本全国で一斉に行われると言うことはありません。

また、灯篭流しを行わない地域もたくさんあります。雛祭りの原型とされる流し雛の行事との類似性が、しばしば指摘される事もあります。

近年は海や川の汚染が問題にもなっており、また、自治体が放流を禁じている例もあったりで、灯篭をそのまま海に流すということは、以前と比べてみれば、少なくなっているのがわかります。

そういった場合は、川の下流などで灯篭を回収したり、河川敷や海岸に集め回収しなければなりません。
とはいえ、実際には費用の問題などから、回収もせずにそのまま流してしまう例もありますが、そのたらりはきちんとしたモラルとルールを守るようにしましょう。

また怪談の牡丹灯篭も有名です。
この牡丹灯篭は、落語家でもある三遊亭円朝の噺で広く庶民の間に知られるようになりました。

落語の牡丹灯篭の元になったのは19世紀になってから書かれた鶴屋南北の「阿国御前化粧鏡」。
山東京伝の「安積沼」があります。 

牡丹は中国の代表的な花になりますが、実はこの牡丹燈篭という物語については、明の時代に書かれた剪燈新話という本に出てくる物語なのです。

スポンサードリンク

ぜひこの記事のシェアにご協力お願いします

この記事を読んだ人におすすめの記事

FXをデモで成功しても初心者は本番で失敗するからおすすめしない
今の世の中、不景気と叫ばれて長いです。 そのため、色々な貯蓄だったり投資などが注目を集めているのはご存じかと思います。 そんな色々な投資などがある中、特に注目が高いのが株や ...

40代の転職状況 – 資格や平均年収とうつ病などからエージェントの利用のまとめ
最近は転職する方というのが増えてきていると言えますが、今回はその中でも40代の転職についてピックアップしています。 30代でもなかなか厳しくなるとも言われている転職業界で、40代 ...

仕事で失敗しない自分を作るにはあがり症や緊張をほぐせる自分を作る
仕事と言えば、色々なシチュエーションがあり、それぞれに応じて必要なものが違ってきます。 プレゼンテーションだったり上司に報告をしたりなどなど、特に緊張を要するシーンというのは ...

冬のお風呂は温度差に気をつけて体を温めて快適に入りましょう
冬のお風呂は、実は思っている以上に、高齢者の事故が多くなりますから、非常に注意が必要になります。 最近では、老人のお風呂場での溺死といったニュースも報道されていたりしますし、 ...

オサートレンズガイド – 値段・料金やメリットデメリットとレーシックとの違い
昔と違い、今では小さい頃から視力が低下し、メガネやコンタクト人口は圧倒的に増えてきています。 色々な生活習慣の違いなど、視力が低下する原因と思われる事はたくさんありますが、とにか ...

最近更新した記事

ドモホルンリンクル効果の口コミ評価評判/ドモホルンリンクルの値段価格
鳩糞害対策やマンションやベランダでの鳩糞害&ハト糞害の対策情報
バリアフリー住宅の助成金&補助金やバリアフリー住宅設計や取り組み
ドライアイ症状やドライアイ原因と対策&目薬や予防・治療法ガイド
身長伸ばす方法&身長が伸びる方法と睡眠時間と身長の伸ばし方の関係
オーロラシューズ通販&販売情報や代官山などオーロラシューズ取扱店
コロコロエステの口コミと効果と評価。ヤーマンコロコロエステの楽天通販について
小顔ダイエット – 小顔になるマッサージやエクササイズ&体操や小顔の髪型&メイク情報
妊娠・出産準備用品のベビーベッドレンタルやベビーベッドの選び方
赤ちゃん本舗の店舗情報や赤ちゃん本舗の通販など赤ちゃん本舗特集

ライター・更新者

パック@管理人

名前
パック@管理人
性別
紳士
年齢
三十路を越えました…

マーシー@副管理人

名前
マーシー@副管理人
性別
淑女
年齢
Around 30(汗

知る事で、世の中の見方が変わってくる♪


Page Top