スポンサードリンク

体質や考え方によっても違いはある
界面活性剤の毒性や悪性について知っておく

Written by
マーシー@副管理人
カテゴリ
界面活性剤にNoを

界面活性剤の中でも、特に合成系、石油系については毒性がある、発がん性がある。といった事が言われたり、噂のように広まっていたりします。

果たしてこれらは本当なのでしょうか?
界面活性剤の毒性や有害という事について考えてみました。

スポンサードリンク

極端な考え方はなるべく避けるようにした方がいい

合成界面活性剤は人体や環境に有害だとして、使用を控えた方がいいといわれています。

事実、私自身は合成界面活性剤が含まれた製品については、今ではほとんど使っていません。

しかしながら、中には極端に毒性を強調して、自社製品の安全をアピールし、消費者に高額な商品を、売りつけようとするものもあるので注意が必要です。

全てが悪という考え方は違う

まず、合成界面活性剤のすべてが有害というわけではないということは、覚えておきましょう。
100%天然由来の成分だけで、シャンプーや化粧品を作ることはまず不可能だからです。

「合成」が悪いわけではないのです。
必要で有効な成分を加え、合成することによって、効果的で安全な商品を作っている会社もあります。

合成界面活性剤を使用した洗剤やシャンプー、化粧品を長く使用していると、肌荒れ、手荒れ、アトピーになるといわれています。

さらには、発ガン性があり、妊婦が使用することによって、奇形児を出産するとまで言う人もいます。
また排水した後も分解されないので、環境に悪いといわれています。

しかしこれらの一部は、いきすぎだと思う部分もあるかもしれません。
確かに肌荒れや手荒れの原因、アトピーが悪化といった症状が出ることはありますし、環境に優しくないのも事実です。

しかしながら、現在においては発ガン性や奇形などは、確かな科学的研究データに基づいた結果の事実ではありません。

それが本当ならば、一般的にCMなどで有名なシャンプーや洗剤、化粧品などを長年使用している人や、その子供たちは、いったいどうなってしまうのでしょう。

極端な脅し文句としか思えません。
なぜならば一般に流通しているシャンプーなどは、殆どが、高級アルコール系の合成界面活性剤を使用して作られているからです。

それでも肌に気をつかう人は避けているという事実

肌荒れやアトピーに悩む人は、高級アルコール系の界面活性剤を使用した製品は、避けた方がいいのは確かです。

また、健やかな髪をいつまでも保ちたい人や、地肌ケアを考えている人、環境問題を考える人は、より安全な製品を使用したいと思っている人が多いでしょう。

闇雲に「合成界面活性剤が入っているからダメ」というのではなく、その会社の姿勢や、成分表示などを見て、自分で判断できる知識を仕入れることが大切です。

とはいえ、科学的研究データがないから絶対安全と信じすぎるのもまた違ってきます。
よく例に出されますが、アスベストなども、昔は科学的に安全と信じられていました。ですが、後になって体に害悪という事がわかりました。

界面活性剤がそうとは思いませんし、思いたくないし、そうならないだろうけれど、安全にいきたいという方には、やはり避けておくという選択肢もあるのではないでしょうか。

管理人が選ぶ「界面活性剤が不使用」のベストアイテム

うるおって【シャンプーにオススメ】

管理人も使っているシャンプーです。家も実家もこれに統一し、アミノ酸シャンプーなので頭皮にも優しく子どもにも使えておすすめ!
うるおっての公式サイトをチェックする

ネオナチュラル

ネオナチュラル
化粧品や石鹸からシャンプーまで、美の商品が豊富で口に入れても安全をモットーに作られています!管理人も石鹸はここのを使っています。
ネオナチュラルの公式サイトをチェックする

エイジングラボルテ

エイジングラボルテ
石油系界面活性剤を使わないだけでなく、パラベンなども無添加とし、こだわった化粧品で管理人も愛用中!今ならお試しセットもあります♪
エイジングラボルテの公式サイトをチェックする

スポンサードリンク


Page Top