スポンサードリンク

一度、使っている化粧品をチェックしてみよう!
合成・石油系界面活性剤が入った化粧品について

Written by
マーシー@副管理人
カテゴリ
界面活性剤にNoを

界面活性剤の中でも石油系や合成系の界面活性剤が入った化粧品というのが世の中には販売されていますが、それを管理人的にはおすすめしていません。

なぜおすすめしないのか、その理由や考え方についてを解説しています。

スポンサードリンク

全ての界面活性剤というわけではない事に注意

正しくは「高級アルコール系合成界面活性剤の化粧品をおすすめしない理由」ですね。
なぜなら、まったく界面活性剤を使用してない無添加化粧品は、殆ど存在しないからです。

「石油系合成界面活性剤不使用」と謳っている化粧品でも、石鹸系、アミノ酸系などの、「合成」界面活性剤を使用していることが殆どです。

石油系(高級アルコール系)の合成界面活性剤は、使用していませんということです。

「天然由来成分の…」と謳っていても、天然成分だけで化粧品を作ることはできないのです。
とはいえ、その石油系や高級アルコール系の合成界面活性剤を使っているか使っていないかで、非常に大きなポイントにはなってきます。

肌に直接つけたりするものですから、しかもそれが毎日なわけですから、可能な限り肌に良い、やさしいのを選びたいのが当然の考えですね。

最近は中小メーカーからも界面活性剤不使用が出てきている

洗顔料や化粧水などは、数は少ないながらも、界面活性剤不使用の製品もあります。
製品があるというよりは、メーカーの姿勢がそうなっているといった方がいいかもしれません。

その殆どが、石鹸系のメーカーや、オーガニック系のメーカーばかりです。
特に中小のメーカーなどで、特に自然にこだわったり肌への影響にこだわり続けた無添加系などのメーカーが増えてきています。

これらのメーカーは、素肌を大切にする、素肌を自然な状態で美しく保つことを考えて、基礎化粧品やシャンプーのみを作っている会社が多いので、ほぼメイク用品は作っていません。

メイクアップ用の化粧品で、合成界面活性剤不使用となると、さらに数が絞られてしまいます。
最近流行のミネラルファンデーションは、ミネラル(鉱物)から作られています。

不使用商品と使用商品を比べて考えてみればわかる事もある

ミネラルファンデーションが「つけたまま寝られる」「肌にいい」「スキンケアできるファンデーション」などといわれているのは、まさに合成界面活性剤不使用だからです。

それでも中には使用している製品もありますので、成分をよく確認することをおすすめします。

しかし、このミネラルファンデーション、一般のファンデーションに比べると、どうしてもカバー力は落ちる、という意見が多いのです。
また使い方にもコツが必要で、荒れ気味の肌には浮いてしまうようです。

つまり、合成界面活性剤を使用した化粧品は使い勝手がよく、メイクアップ効果も高いけれど肌には悪く、不使用の化粧品は、肌にはいいけれど、メイクアップ効果が薄い(難しい)ということの裏付けとまではいかなくとも、そう考える妥当性があるという事でもあります。

女性にとって、化粧をしない日の方が少ないのが今の時代です。
その肌に直接付けたり塗ったりするものですから、肌に限りなく優しいものを選んでいくようにしたいですね。

管理人が選ぶ「界面活性剤が不使用」のベストアイテム

うるおって【シャンプーにオススメ】

管理人も使っているシャンプーです。家も実家もこれに統一し、アミノ酸シャンプーなので頭皮にも優しく子どもにも使えておすすめ!
うるおっての公式サイトをチェックする

ネオナチュラル

ネオナチュラル
化粧品や石鹸からシャンプーまで、美の商品が豊富で口に入れても安全をモットーに作られています!管理人も石鹸はここのを使っています。
ネオナチュラルの公式サイトをチェックする

エイジングラボルテ

エイジングラボルテ
石油系界面活性剤を使わないだけでなく、パラベンなども無添加とし、こだわった化粧品で管理人も愛用中!今ならお試しセットもあります♪
エイジングラボルテの公式サイトをチェックする

スポンサードリンク


Page Top