睡眠障害でお悩みの方の睡眠障害の改善や解決法と睡眠薬について

Written by
パック@管理人
カテゴリ
健康

睡眠障害でなかなか寝付けなくて困っている人必見!
睡眠障害の悩みをスッキリ解決すべく睡眠障害の改善方法や解決方法のオススメ方法を提案しています!

これであなたも脱!睡眠障害です。

実際寝たいのに寝れないといった日々が続くと精神的にも肉体的にも非常につらい日々が続きますし、どんどん嫌になりネガティブにもなっていってしまいますから、なるべく早くに対処していくようにしましょう。

スポンサードリンク

睡眠障害と思ったらまずは

睡眠障害かな?と思ったら、まずはやはり医者にかかるのも重要ではないかと思われます。
とはいえ、睡眠障害ってどこに診てもらうの?と思いませんか?

こういう、睡眠障害で悩んでいるけれど、何科で診てもらえばいいのかわからない、という人は少なくないと思います。

総合病院など大きな病院に行く場合は、精神科や精神神経科、心療内科などが専門なので、そちらで診てもらうとよいでしょう。

近くのかかりつけの病院でも、相談に乗ってもらえると思います。
あなたのことをよく知っていると思うので、生活面でのアドバイスをしてもらったり、場合によっては睡眠薬を処方してもらえるでしょう。

それでも症状がなかなかよくならない場合は、睡眠障害を専門としている病院を紹介してもらいましょう。

病院で受診する前に、自分の不眠の状態を整理してメモしておくと、診察がスムーズに進められます。眠れなくなったのはいつ頃からか、不眠となった原因はあるか、眠りにつくまでにどれくらい時間がかかるか、不眠以外の別の症状はないか、などが診察で問われます。

これらのことを、整理しておくとよいでしょう。
また、身体の状態でどこか異変がないかも、よく確認しておくと良いです。

睡眠障害を訴える人には、寝不足が原因の不眠とは別に、うつ病や日中に強い眠気に襲われるナルコレプシー、睡眠中に手や脚がけいれんする周期性四肢運動障害などの病気の場合もあります。

睡眠中の症状は、自分ではほとんど気づかないことが多いので、家族や周りの人たちに協力してもらって、寝ているときの様子を確認してもらってください。

そして、問題のある場合は、その症状を明確に医師に伝えることが大切なのです。

睡眠障害の場合には、まず自分の寝ている環境を見直しましょう

睡眠を快適なものにするには、寝室の環境を整えることが、とても重要になります。

明る過ぎたり、周りがうるさかったりすると、脳が刺激されてしまい、うまく眠りに入ることができなくなります。
また、暑過ぎたり、逆に、寒過ぎたりしても熟睡することができません。

なので、部屋の温度・湿度に気をつけることも、安眠の重要な条件なのです。
寝室は、1日のうちで長い時間を過ごす場所です。

眠るためだけの部屋ですが、リラックスできる空間をつくるためには、インテリアにこだわったり、部屋の雰囲気を工夫してみてください。

それだけで、快適な睡眠ができるようになるかもしれません。夜間は生活音が少なくなり、小さい物音でも入眠できない原因となります。

外の騒音が気になる場合は、サッシを二重にしたり、雨戸を閉めたり、カーテンを厚手のものに替えて、防音対策を心がけてください。

家族で協力して快適な空間をつくることが必要なのです。
また、温度や湿度を調整することも大切です。もっとも理想的とされる室温は、夏が 25℃で冬は15℃です。

湿度は、季節を問わず50%といわれています。
エアコンなどを使って温度を調節するときの目安は、冷房なら25~28℃で、暖房なら18~22℃です。

ただし、冬場は空気が乾燥するので、ずっと暖房をつけ続けないで、換気や保湿器などで湿度を調整してください。

このように、寝室を少し工夫することで、快適に眠ることができる場合もあります。
寝室の環境を見直して、自分のもっとも落ち着く、快適な雰囲気の寝室にしてみてください。

睡眠障害の場合に睡眠薬を使うのはいいのかどうか

睡眠障害に悩んでいる人は実は、日本では、5人に1人もいるといわれているのを知っていましたか?

職場や近所付き合い、親戚との人間関係など、いろんな場面でストレスを感じ、それにより、不眠(睡眠障害)になってしまうことが多いです。

また、経済の発展により、昼も夜も働かなければならないなど、現代では、睡眠のリズムが乱れる原因がたくさんあります。

不眠の治療には、睡眠薬を使う方法があります。
日本では、医師の処方箋がないと、睡眠薬を手に入れることはできません。

不眠で悩んでいる人の中には、うつ病など他の病気によって、不眠が起きている人もいます。
だから、医師の診察を受ける必要があるのです。

不眠の症状や、原因がわかっているのなら、それを医師に伝えると、適切な睡眠薬を処方してくれるでしょう。

睡眠薬は、今から30年以上前は、だんだんと薬の効き目が落ちたり、薬を止めることができなくなったりといった、強い副作用が伴っていました。

そのため、「睡眠薬」と聞くと今でも、怖くて手が出しにくい薬だと、誤解して捉えている人が少なくありません。

しかし、副作用が少なくて安全な睡眠薬が、1960年代以降に開発されました。
そして、現在、睡眠障害の治療で使用されている薬は、新しくて安全な薬ですから、しっかりと医師の指導を受けて服用すれば、ほとんど心配する必要はいりません。

また、最近では、すっきりと朝目覚めることのできる、新しい睡眠薬も開発されているので、不眠で困っている人は、医師に相談されるといいでしょう。

スポンサードリンク

ぜひこの記事のシェアにご協力お願いします

この記事を読んだ人におすすめの記事

春から夏にかけては熱中症には注意をしよう!その予防や対策について
夏が近づいてくると、間違いなく増えてくるるものの1つに「熱中症」があります。 必ずテレビのニュースなどでも、残念なながら数日に1度くらいの頻度で発生のニュースが出てしまうほど ...

No Image

サラシアの成分には摂取による副作用などの危険性はあるのか
何かのサプリメントや、健康食品と言われるものを摂取すると、やはり多くの人が副作用はどうなの?と心配するかと思いますし、これは至極当たり前の事かと思います。 何も気にせず、良い ...

花粉症で気になる杉花粉の飛散量は前年夏で決まるので事前対策を取ろう
本来、冬が終わって春が近づいてくると心が躍る喜びになるはずですが、こと花粉症にかかってからは、春が嬉しいような悲しいようなそんな気分になっている管理人です。 毎年、私と同じよ ...

今の日本人の大敵でもある生活習慣病をしっかり予防して対策しておこう
生活習慣病と言えば、今では私たちにとっても切っても切れないほどに、数多くの人が悩まされているのも事実です。 そもそも、生活習慣病というのは、私たちの生活習慣によって発病してし ...

インフルエンザA型は突然変異し、流行しやすいので注意が必要
季節性インフルエンザ、秋の終わりから春先にかけて流行しますね。 風邪と同じ時期の流行だけど、インフルエンザは急激に症状が悪化するので、普通の風邪よりもやっかいです。 実は、 ...

最近更新した記事

エビス(ebis)美顔器の口コミ比較の人気ランキングや美顔器効果と効能
バブアージャケットやbarbourバッグ・手入れ&古着のバウアー情報
手ツボや頭ツボから肩こりや頭痛/眠気から顔のツボの部位や効果
食物アレルギーの原因と症状や子ども&赤ちゃんの治療や検査対策
ニューカレドニアへの新婚旅行やニューカレドニアの旅行お土産情報
ワンショルダーバッグ大集合!アディダス・ナイキなどブランドからトート・リュックなどのバッグ情報
馬油効果や馬油石鹸&シャンプーの効能と使い方やアトピーや育毛効果
レッグマジック効果の体験感想と口コミ評価や激安情報と類似品との違い
電動歯ブラシ/ナショナル/オムロン/ドルツ人気評価ランキング比較
委任状書き方や委任状書式雛形&自動車/住民票/印鑑証明の委任状書き方

ライター・更新者

パック@管理人

名前
パック@管理人
性別
紳士
年齢
三十路を越えました…

マーシー@副管理人

名前
マーシー@副管理人
性別
淑女
年齢
Around 30(汗

知る事で、世の中の見方が変わってくる♪


Page Top