肝斑の原因や治療法と普通のシミとの違いや治療としてのレーザートーニングの解説

Written by
マーシー@副管理人
カテゴリ
ビューティー

最近言葉が知られるようになったものに「肝斑」があります。
特に、テレビなどを見ていてCMがきっかけで知ったという方も多いのではないでしょうか。

普通のシミとも少し似ていて違うものというこの肝斑については、しっかりと知識を持って対策して、肌の問題で悩む事をなくしていきましょう。

スポンサードリンク

肝斑とはシミのようであり実は30代や40代には身近なもの

女性はどの年代になっても若々しく、キレイでいたいと願うものです。
年齢を重ねてくると肌にいつの間にか表れている肝斑ですが、これにお困りの方は少なくないですよね。

普通のシミみたいだけど、少し違う肝斑とは一体どんなものを指すのでしょうか?

そもそも肝斑とは、独特の特徴があります。
顔の両頬、顎、鼻の下ら辺に左右対称にできる一見シミのようなものです。

左右対称に出来るのでパっと見ると顔色が悪い印象になってしまうようですね。
でもこの肝斑が出来たからと言ってショックを受ける必要はありません。

なぜなら肝斑は30代~40代の半数の女性に見られるごく身近なシミの一つだからです。

とはいっても、気になってしまうのが女性というものですよね。
話によるとこの肝斑は、アジア人女性により多く見られるうえに、皮膚が浅黒い感じの人ほど出来やすい傾向もあるようです。

「自分が当てはまる」という方は、肝斑に悩まされる前に予防したほうが良いかもしれませんね。

実はまだコレと言った原因の特定がまだされていない

女性の悩みの一つに挙げられる肝斑ですが、この原因は一体何なのか知りたいですよね。

実はまだ特定の原因というのは見つかっていないのが現状のようです。
しかし肝斑は妊娠やピルの服用をきっかけに表れることが多いので、女性ホルモンのバランスが関係しているとも言われています。

そして紫外線を浴びることで肝斑の症状が悪化する場合が多いため、紫外線もその原因の一つではないかと言われているようです。

他にも肌をこするなどの刺激も肝斑ができる原因に繋がっていると考えられています。

肝斑の原因は特定されていなくても、これらの候補である可能性は十分にあるようです。

ですから、女性ホルモンが乱れるようなこと、ストレスを溜めこんだりすることが肌に良くはないということを覚えておいたほうが良いかもしれません。

そして普段何気なくおこなっている「こする」という動作も、これからは気を付けた方が良さそうです。
肌が老化しているところに刺激を加えるのは良くない事は確かです。

一般のシミとの見分け方は左右対称と薄茶色という色が目印

一度肌に表れたらなかなか消えないシミで悩む女性は実に多いですよね。
この女性の大敵であるシミにも種類がある事をご存知でしたか?

一般的なシミというのは、日光性黒子というものです。
これは形がはっきりとしていて黒っぽく顔そして体にも点在します。

このシミは紫外線による影響が大きいようですね。
次にソバカスというものシミの一種になります。

しかしこのソバカスというのは他のシミと少し違って、遺伝によるものが大きいようです。
しかしどちらも紫外線によるものなので予防することは可能でしょう。

そして肝斑があります。

肝斑はシミの様に形状がはっきりしていません。
肌の左右対称にでき、薄茶色のもので形もぼんやりとるのが特徴です。

このシミや肝斑の素であるメラニンは新陳代謝が良ければ何か月かで排出されるのですが、新陳代謝が衰えてくるとそれが出来ずに肌に定着してしまうのです。

一度出来てしまうと自然に取り除くということは非常に困難になってしまいますので注意が必要です。

肝斑治療は自然に任せてと言うのは難しい

いつの時代も女性を悩ませるシミ、そして肝斑ですが、毎日その症状を改善させようと努力をしている女性は少なくないでしょう。
さて、肝斑やシミの治療法はどんなものがあるでしょうか?

代表的な治療法としては、トラネキサム酸、ビタミンC、ビタミンEの服用、そして美白剤の使用ですよね。
これからあくまで肌の新陳代謝に欠かせない栄養分を摂取して、肌が自ら美肌になるように手伝わすための栄養剤と言えるでしょう。

最近では他にも、シミ取りクリームや化粧品など様々な物が出ています。
更には肝斑専用としての市販薬も販売されています。

これらの商品は老化のためになかなか働かない肌に働きかけるためのものですので、効果をすぐに実感できるということは期待できないと思います。

しかし、値段も手頃なうえ、副作用なども少なく抑えられるので、初めてシミ、肝斑を改善しようと思っている方にはお勧めできるでしょう。
そして上記の栄養素は肌には必要なものですので、摂取して損はないと思います。

また、次に解説しているレーザートーニングは、肝斑に大きな治療効果があると言われています。

肝斑に合う治療法は肌を切ったりせずできる新しい治療法

肝斑用の市販薬、化粧品を使用してもなかなか改善しない肝斑に、どうしてよいかわからなくなっている方もいると思います。
そこまでの悩み抱えている方におすすめしたいのが、レーザートーニング治療です。

名前を聞くだけでは、手術の一種かと一瞬構えてしまう方もいると思います。

でも安心していただいて結構です。
これは肌を切ることなく確実に治療できる方法です。

レーザートーニング治療とは、レーザーの熱エネルギーで肌の内部にあるメラニンに直接効く治療法です。
タメリスでのレーザートーニングの解説はこちら

レーザーと言ってもとても弱い出力ですので、肌にダメージを与えることもありません。
肝斑の素である、メラニンを少しずつ壊すことで新陳代謝を促し、新しいきめ細かい肌に改善させることが可能です。

施術前にはきちんとしたカウンセリングもありますし、施術の時間も15分程度なので忙しい方にも安心して利用できるようになっています。

今までしつこい肝斑に悩んでいた方は、思い切ってレーザートーニングを行うことでずっと願っていた新しい自分に出会えるでしょう。

スポンサードリンク

ぜひこの記事のシェアにご協力お願いします

この記事を読んだ人におすすめの記事

ワインダイエット?ソノマワインやカリフォルニアワインを味わい美味しく飲んで痩せる
最近耳にした言葉が、ワインでダイエットというフレーズです。 もちろん、はじめに聞いたときは、そんなバカな…ワインでダイエットなんて出来るの?と思ったものです。 とはいえ、実 ...

ほうれい線を消すためのマッサージや予防対策の体操や原因について徹底解説
ほうれい線と言えば、女性にとってはあまり聞きたくない言葉の1つです。 若いうちは全然気にしなくとも、社会に出て大人になり年を重ねていけば、否応なしに意識させられてしまいます。 ...

マクロビオティックダイエットで痩せる効果とダイエットレシピ集
マクロビオティックと言えば、今では色々話題にあがる事もあり、人気を集めていますが、そのマクロビオティックダイエットについてまとめてみました。 実際の効果ややり方などからマクロ ...

ダンベルダイエットの方法/二の腕・腹筋で成功の効果を出すやり方
最近話題で人気のダンベルダイエットについての情報です。 ダンベルダイエットで使う重さや、効果が出やすい方法について解説しています。 今回は特にこのダンベルを使って、二の腕や ...

ローヤルゼリーの効果効能を活かし、美肌成分を取り入れて肌の若返りを目指そう
ローヤルゼリーという言葉は、誰しも一度は耳にしたりテレビなどで見たことがあるかと思います。 最近では注目度合いもアップしている事もあってか、特にテレビやCMなどで、見かけたり放映 ...

最近更新した記事

セサミン効果効能やDHCやサントリーのセサミンE+無料サンプルと口コミ
ラブレス青山/LOVELESS青山のセール&ゴヤール・ファッションフロア紹介
北海道レンタカー激安格安情報や北海道レンタカーの乗り捨て&ツアー
メタボリック症候群の対策予防/原因治療/メタボ検診診断&ダイエット
青汁ダイエットで痩せる!その効果の秘訣は飲み方と選び方?他に注意点も
原付廃車の手続き方法と料金/費用や譲渡による名義変更&自賠責保険
風水インテリア配置や色恋愛からトイレ・玄関・リビング直居風水まで徹底解説
ドッグカフェマナーやメニュー紹介/東京や大阪の人気ドッグカフェ案内
顔の肌荒れの原因と対策やかゆみ症状改善&肌荒れにきびケア
スマッキーグラム(Smacky Glam)店舗や通販/ニット帽/ワンピ/バッグ

ライター・更新者

パック@管理人

名前
パック@管理人
性別
紳士
年齢
三十路を越えました…

マーシー@副管理人

名前
マーシー@副管理人
性別
淑女
年齢
Around 30(汗

知る事で、世の中の見方が変わってくる♪


Page Top